おもちゃのサブスクChaChaChaなら初回無料でお試しOK

つわりの時に義母に言われて嫌だった忘れられない4つの言葉

 

こんにちは、ももこです🍑

今回はつわりの時に義母に言われて私の心をグサッと刺した忘れられない言葉を選んでみました。

うちの旦那は上の子のお世話を1人でするのを1日で無理だと悟り、義母をしょっちゅう召喚してきました。

その時に言われた言葉です。

言った方は覚えていないと思いますが、言われた方は覚えております。

[st-kaiwa-818]ももこさん、何を言われたんですか?[/st-kaiwa-818]

[st-kaiwa-157]つわりの弱っている時の言葉は心に染みたわ。[/st-kaiwa-157]

目次

つわりの時に義母にされて嫌だった言葉

つわりの時は気持ち悪いし、体もいつも通りには動きません。

そんなつらい時に義母から言われた言葉をまとめてみました。

つわりの時に義母に言われて刺さった言葉

  • 我が家に到着してすぐに「たいしたことない」と義父に電話
  • ご飯が食べれない私に「本当に食べれないの?」
  • 寝ている私を見て「そんなにつらいの?」
  • 食べ物に気を付ける私に「心配性ね」

[st-kaiwa-154]では今回もこんな家があるんだな~と軽い気持ちで見てもらえると嬉しいです。[/st-kaiwa-154]

我が家に到着してすぐに「たいしたことない」と義父に電話

義母が家に来たら私が呼んだわけではないけど

[st-kaiwa-148]お義母さん、わざわざすみません💦[/st-kaiwa-148]

という言いたくない挨拶から始まります。

そして義母は家についてすぐに義父に「無事に着いた」と電話をしていました。

どうやら義父は私の体調を心配してくれているみたいだったのですが・・・・。

[st-kaiwa-200]ももこちゃん、たいしたことないから大丈夫よ。心配しないで。[/st-kaiwa-200]

[st-kaiwa-170]・・・はい?[/st-kaiwa-170]

義母は家に来てすぐなのに、なんで私の体調がわかるのでしょうか。

私はつらくて仕事に行けずに家で過ごすしかないのに・・・。

おそらく私が義父に心配されるのが嫌なのかもしれません。

義父と旦那が私のことを心配することをよく思っていないんだろうなと感じることはそれまでもありました。

[st-kaiwa-821]ももこさん、一生懸命にがんばっているのに可哀想。[/st-kaiwa-821]

[st-kaiwa-160]だから思い知らせてあげることにしたの。[/st-kaiwa-160]

[st-kaiwa-818]えっももこさん、何をしたんですか?[/st-kaiwa-818]

[st-kaiwa-154]その日は毎回トイレのドアを全開にして吐きまくったんだ~[/st-kaiwa-154]

それくらいしか私にできる反撃のチャンスはないのでやっちゃいました。

次の日の朝も全開でやっていたら旦那にトイレの扉を閉められました(笑)

[st-kaiwa-809]やり過ぎちゃったかもしれませんね。[/st-kaiwa-809]

ご飯が食べれない私に「本当に食べれないの?」

つわりの時はその日によって食べれる食材が変わりました。

しかも食べれる量も少量。

なので義母に用意をしてもらったご飯をなかなか食べれませんでした。

挙句の果てに

[st-kaiwa-203]本当に食べれないの?[/st-kaiwa-203]

私だって赤ちゃんに栄養をあげたいです。

でも食べたいのに食べれなくて、つらい時に義母の心ない言葉はグサッときました。

[st-kaiwa-295](私だって好きでこうなっているんじゃないのに)[/st-kaiwa-295]

話を聞くとどうやら義母はつわりがなかったそうです。

妊娠中にあった症状としては産む直前に足がつったことだけだったのを武勇伝のように何回も話をしてきました。

なのでつわりでつらい私の気持ちはわからないかったのかもしれません。

義母と2人きりの時に小言を言われるくらいなら、本当に来ないでほしかったです。

[st-kaiwa-160]食べたい時に食べれるものだけを気楽に食べた方が楽。[/st-kaiwa-160]

本当に生協をやっていれば良かったです。

寝ている私を見て「そんなにつらいの?」

つわりの時は一番つらい時はテレビも携帯も見れずに寝込んでいました。

義母が来るようになってからの時期も仕事に行ける状態ではありませんでした。

それでもようやくテレビや携帯を見れるようになったというのに・・・

義母が来るとうかつにリビングに行けません。

義母がいると一緒に話をしないといけないし、ベッドの部屋に戻るタイミングがつかめませんした。

[st-kaiwa-167]ひたすら気を使い、疲れます。しかも話がつまらない。[/st-kaiwa-167]

なのでひたすら音楽を聴いてベッドで横になっていました。

そんな私を見て義母が一言

[st-kaiwa-200]そんなにつらいの?[/st-kaiwa-200]

私だって横になりたい時もあればテレビを見たい時もあります。

でも義母がいたら好きなことも出来やしない。

当時のアパートは狭かったし見張られているみたいですごく嫌でした。

[st-kaiwa-154]そんな当時の私を救ってくれたのはコウノドリ✨[/st-kaiwa-154]

大好きなコウノドリのドラマで使われていた曲をYouTubeでしょっちゅう聞いていました。

もちろんメインテーマ曲である清塚信也さんの【Baby, God Bless You】がとても好きな曲です。

まずこの曲で義母を忘れて心をキレイに✨

そしてコウノドリのドラマの中で先生が小松さんのために弾いてくれた【candle】

[st-kaiwa-295]つわりに負けるな私、おっかさんに負けるな私[/st-kaiwa-295]

この曲を聞いていつも思っていました。

candleは私にとって勇気をくれる曲であり、ドラマでも感動して涙も出てきた曲です。

私はYouTubeで見てましたが、関連動画や広告が始まるのが残念なところです。

今はAmazonプライムに入っていれば2021年2月現在 Amazon Musicで[ストリーミング」のボタンを押せばすぐに聴くことができます。

[st-kaiwa-160]しかも【Baby, God Bless You】も【candle】も入っている清塚信也さんのアルバム【For Tomorrow】に含まれている曲まで聞けちゃう。[/st-kaiwa-160]

そしてAmazon Musicはプライム会員の特典に含まれています。

なのでAmazonプライム会員であれば無料で聞けてしまいます。

まだAmazonプライム会員ではない方はぜひチェックしてみてくださいね。

食べ物に気を付ける私に「心配性ね」

妊娠中は何を食べていいのかわからなくなりますよね。

私は職場の先輩が妊娠中にお寿司を避けていました。

なので妊娠中は自分も生ものには気をつけようと思っていました。

ある日、「お寿司を食べよう」と旦那と義母が話をしていた時に

[st-kaiwa-167]今つわりで食べれるかわからないし、妊娠中は生魚だからやめておこうかな[/st-kaiwa-167]

と言った時に

[st-kaiwa-203]私は妊娠中はなんでも食べたのよ。なんでも食べなきゃダメよ。ももこちゃんは本当に心配性なんだから。[/st-kaiwa-203]

[st-kaiwa-170]でた~おっかさんの武勇伝!![/st-kaiwa-170]

この「心配性」は義母からよく言われます。

[st-kaiwa-154]でも私より義母の長男(私の旦那)の方がよっぽど心配性で神経質だと思います。[/st-kaiwa-154]

妊娠中の食べ物は母親が自分で調べて判断していけばいいと思います。

義母が口を出すことではありません。

そして義母の時代と今の時代は違います。

まとめ

つわりの時に言われる言葉は通常の時より傷つきますよね。

[st-kaiwa-157]私は義母の存在が本当にストレスになりました。[/st-kaiwa-157]

奥さんの体調が良ければ、義母との接点をできるだけ減らした方がいいと思います。

私がこんなに義母が苦手になったのも義母との時間が一時的に増えたからだと思います。

私が義母嫌いになったので旦那は産前産後に義母を呼んだことを後悔しています。

あと余談ですが食事の後に毎回ゲップをされるのも嫌でした(笑)

[st-kaiwa-167]しかも毎回、口を開けてするからリアルに聞こえるのよ[/st-kaiwa-167]

[st-kaiwa-818]それは聞きたくないですね。[/st-kaiwa-818]

旦那の実家でもたまにしていましたが、うちに来ていた時は1日3回毎食後にされました。

[st-kaiwa-167]たまたま胃の調子が悪かったのかな?[/st-kaiwa-167]

旦那もなんであんなにお下品にするんだろうと不思議がっていました。

生理的に受け付けられないことも出てきてもう無理💦

私が旦那に義母嫌いをはっきり言えたのは産後なので、もっと早くに言えば良かったと後悔しています。

 

長くなったので今回はこれでおしまいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

[st-kaiwa-154]またお会いしましょう🍑[/st-kaiwa-154]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは。5歳と2歳の姉妹を育てているアラフォーママです。
このブログでは子育てを楽しみつつ、義母と旦那の悩みをぶちまけています。
「わかる~」と共感してくれる人が増えたらとっても嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる