嫁に嫌われる姑のランキング!どんな特徴?義母が子育て過干渉で口出しがうざい

お姑さんが嫁に嫌われたと悲しむ前に知ってほしいことをお伝えします。

お姑さんが子育てをしていた30年前と今では時代が違います。

くれぐれも自分の意見をお嫁さんに押し付けないようにしてください。

ぶどうちゃん

なんで嫌われているかわからないお姑さんは多いだろうね。

ももこ

うちの義母はまともな子育てをしていないのに口出ししてくるのが嫌

今回、クラウドソーシングで聞いたら子育て中に義母が嫌いになった理由は圧倒的に「子育てに過干渉、口出し」といったものでした。

お姑さんは嫌われたくないなら子育てに口を出さないのが一番です。

  • 義母が考えを押し付けてくる
  • 子育てを否定してくる
  • 義母が母親の役目をうばう
  • 勝手に物を買ってきたり甘い物を食べさせる
  • 母乳が一番と言ってくる
  • 勝手に子供の髪の毛を切られた
  • 子育ての知識がない
  • 嫁の意見を聞かない
  • いい母親アピールをしてきてうざい
  • 自分の息子(旦那)に注意はしない
  • 思うようにならないと吐き捨てるように文句を言う
  • こだわりを押し付ける
  • 口出しをしてくる

ではさっそく見ていきましょう。

目次
スポンサーリンク

義母が子育てに過干渉

ぶどうちゃん

30代前半 会社員の方です。

まず、自分の子育て経験の方法を前面に出して強制させようとすることです。

子供が病気になったときに、「熱だけなら病院に行かなくて大丈夫」など言ってきて、それでも心配なので病院に行くと言葉には出しませんが明らかに不機嫌になります。

そして、次にまた子供が病気になると、「病院行ってくれば~?」などと嫌みを言ってきました。

子供が大事なのではなく、経験者としてのじぶんの意見を尊重してもらうことで優越感を得たいのだなと思いました。

ほかにも、子供が保育園のお弁当を持っていくときにも、「私はお弁当を作るときは全部手作りだった」などと言って、その方法を自分にも押し付けてこようとします。

いや、あなたは専業主婦だったじゃないですか、とは言えませんが、毎回思いながら聞いています。

ももこ

私も「心配性ね~」と嫌みったらしく言われましたね。

義母が口出ししてくる

ぶどうちゃん

40代主婦の方です。

義母にとっては息子(夫)のはじめての男の子が誕生したわけで、妊娠中から楽しみと浮かれていました。

義母は元看護師ということもあり3人子供を育ててきたので自分の子育てには自信があったのでしょう。

案の定、子供が生まれてからは「執着」という言葉の方が合っているでしょうか、わたしとどちらが母親なのかわからないぐらい干渉・手出し、口出しがひどかったです。

例えば子供の哺乳瓶やその他ベビーグッズの消毒等については異常なほどする割には、大人の使う食器や調理器具を台拭きで拭くなど衛生観念のズレ。

ちょっと子供が泣けばお腹が空いているはずだ、いや、今のは眠いはずだと勝手に決めつけ指示。

離乳食もわたしが一生懸命調べたメニューに対して「それはまずい」とダメ出しばかり。

毎日子育てが全く楽しくなくなり、ついに”離別宣言”をし現在は家庭内別居しています

ももこ

いちいちうるさくて大変でしたね。

子育てを否定してくる

ぶどうちゃん

40代後半主婦の方です。

子どもは男の子でかなり元気な子どもです。

子どもが2歳のときに義実家に遊びにいったときに、なかなか言うことを聞いてくれず走り回りました。

いつもと違う家だし義母もいたのでちょっと調子に乗っていたというのもあると思います。

私は何回も注意したし、実際に手で止めたりもしていましたが、何回も繰り返していてかなり疲れていました。

そのときに義母が「私の子どもたちは注意したら一回で止める子どもたちばっかりだったわ。」と言われました。

まるで私の躾の仕方が悪いと言わんばかりの言い方にかなり腹がたちました。

こっちも気を使って義実家だし、優しく言っていたのが余計に子どもを調子にのせていたのは分かっていましたが、義母の前であまり怒りたくなかったので否定されてくやしかったです。

怒ったら怒ったできっと何か言われてたと思います。

ももこ

あなたのカワイイ息子のDNAだよって言ってあげたいですね。

スポンサーリンク

義母が母親の役目を奪う

ぶどうちゃん

40代前半専業主婦の方です。

子育てだけでは限りませんが、いつも義母は口出しをしてきます。

子供の事になると特にです。長男は私と義母と義父で3人で育てたと言っても過言ではありません。

病気になるとすぐに見に来て薬をなかなか飲まなかったので、毎回3人がかりで薬をのませてきました。

どんな場面でも義母はいますから、それはそれは母親かのように口出しをしてきます。

パジャマ一つでも少し小さくなっていたらすぐに新しいのを新調してきますし、私の存在感などほぼありません。

少し私が長男に注意しようもんなら全力で阻止しにきます。

自分がやってきた子育てを押し付けようとする事も多々ありました。

何かにつけて今の子はこれやからあかん、と常に否定的な事ばかり言いにきます。

ももこ

おばあちゃんという立場をわかってほしいですね。

勝手に物を買ってきたり甘い物を食べさせる

ぶどうちゃん

30代前半主婦の方です。

義母が子どもに対して、何でもかんでも買ってしまうところが気になるようになり、段々嫌だと思うようになってしまいました。

我が家と義実家は近い距離にあるので、休日にはよく一緒に買い物に行っていました。

その度に、義母は子どもにおもちゃを買ってしまうのですが、家におもちゃは増え続けるし、私は今あるおもちゃを大事に使ってほしいのでそんなにしょっちゅう物を与えたくないと考えています。

旦那経由で今日はおもちゃを買わないと約束してもらうのですが、義母はそんなのお構いなしに買い与えます。

おもちゃ以外にも、甘いお菓子やジュースを次から次へと買ってしまいます。

虫歯になって歯医者に連れて行くのは私だし、おもちゃの整理をするのも私だし、欲しいものは何でも手に入ると習慣づいてしまって困ります。

無責任な義母に嫌気がさして最近はあまり一緒に出掛けたくないなと思うようになってしまいました。

ももこ

義母って責任がないから気楽ですよね。歯医者に行くのもこっちは大変なのに・・・。

母乳が一番

ぶどうちゃん

30代前半パートの方です。

子どもが生まれてから、なかなか母乳が出ず子どももうまく吸えなかったので、早々に完全ミルクに切り替えました。

他の人にミルクをあげるのをお願いもできるし、身体の負担も少なくなったので良かったと思っていました。

でも義母がことあるごとに「やっぱり母乳が一番」「私はミルクなんて使ったことがない」としつこく言ってくるので、心底うんざりしました。

今のミルクは品質も良くなっているし、問題なく成長していることを伝えても、グチグチと文句を言ってきかないので嫌気がさしました。

ミルク以外にも自分が子育てをしていたときの常識を持ち出しては、こちらのやり方に文句をつけたり横から口をはさんでくるので、鬱陶しくて嫌いになってしまいました。

ももこ

私も母乳が出ているか聞かれたけどウザかったですね。

勝手に髪の毛を切られた

ぶどうちゃん

40代前半専業主婦の方です。

時々、義母が私の睡眠不足を心配して子供の面倒を見てくれることがあり、離乳食なども作ってくれるため安心して預けていた。

その当時、赤ちゃんの髪の毛を筆にして記念に残すというのが流行っていて、私も娘の髪の毛を生まれてから伸ばし続け筆にする事を義母にも話していた。

1歳を過ぎた頃、いつものように義母から「今日、預かってあげるよ。」と連絡があり、送り出した。

そして夕方、帰ってきた娘の前髪が眉毛のかなり上でバッサリ切られ、他の髪も全体的にカットされて愕然とした。

すぐに電話で確認すると「目にかかりそうで切ってたら全体的に揃えた方が良いと思って。」と笑いながら言われ、短くなりすぎて筆は諦めざるを得なかった。

なぜ切る前に私に確認してくれなかったのか、その後の話でケーキやヤクルトなど甘い物を与えていたことも判明し、イライラが止まらず、信じて預けていたのに裏切られた気持ちだった。

それから二度と預けなくなった。

ももこ

髪の毛を勝手に切るのはひどすぎる・・・・

義母に子育ての知識がない

ぶどうちゃん

40代前半パート主婦の方です。

県外に住む義母ですが、頻繁に「困ったら頼ってほしい」と言ってきていたので義母は寂しいのかなと思い、1歳の子どもが体調が悪く私が何日か仕事を休まないといけなくなったときに我が家での子守をお願いしました。

ですが実際には子どもそっちのけで我が家の掃除をしていたらしく、自分のお茶(熱湯)を淹れて子どもの目の前に置いたまままた掃除を始めたため、子どもが熱湯を被ってしまいました。

更に義母は熱湯を被った子どもの服を脱がし(火傷のときは脱がしてはいけない)、冷やすためにと皮膚が剥がれた肌に冷感シートを貼り(流水で冷やしてほしかった)、そのまま寝かせたそうです。

「私は3人育てたのよ」と豪語する義母ですが、絶対まともに育児をしてないだろと怒りを通り越して呆れてしまいました。

もう二度と子どもを義母には任せません。

ももこ

うちの義母も同じようなことやりそうです。

姑が嫁の意見を聞いてくれない

ぶどうちゃん

40代前半専業主婦の方です。

子供を幼稚園に入れるか、保育園に入れるか悩んでいたころの話です。

旦那さんには相談していたのですが、急に義母から連絡が来ました。

「明日ご飯を食べてから13時にうちに来て」とのことでした。

ですので、その時間にご飯を食べてからいくと、「子供は保育園に入れなさい。そして早くしっかり稼いできなさい」と言われました。

ですので、「まだ悩んでいるので」といえば、「あなたの意見は聞いてないよ」と言われたので、嫁になったら人権までなくなるんか、と思って、辛かったです。

結婚前はとてもよくしていただいたので、そのギャップも余計辛く感じる要因になりました。

結婚前はとても優しくて結婚を後押ししてくれていたのに、悲しかったです。

ももこ

義母って自分の息子の言うことは聞くのに嫁の話は聞かないですよね。

いい母親アピールをしてきてうざい

ぶどうちゃん

30代会社員の方です。

1人目を出産し初めての育児で慣れないことが多い中でも、旦那のご飯をきちんと作り帰りを待っていました。

ですが、旦那がなかなか帰宅せず、帰ってきて理由を聞くと、義母からご飯食べにおいでとメールが来たから食べできたと。

こちらがご飯を用意しているのを知っているにも関わらずなぜそんなことができるのかと、腹が立ちました。

義母はとにかく息子が大好きで、なんでもしてあげたいようです。

旦那もお母さんが大好きなので、余計に腹が立ちます。

私はいつも仲間外れにされているようで何の為に結婚したのかわからくなります。

子供の育児方針にも口を出してきます。

時代が違うので私の時代はこうだったとか話され、自分はいい母親アピールしてきてうざいです。

ももこ

旦那さんも目を覚ましてほしいですね。

義母は旦那に注意をしてくれない

ぶどうちゃん

40代前半パートの方です。

子育て中、なかなか自分の時間もなく仕事もしていたので自分と子供のことでいっぱいいっぱいでした。

旦那は自分のことだけやっている状況で、特に負担が大きいわけではなかったですが、何度か仕事で疲れている時子供がじゃれてきたときにキレました。

疲れているのにと。私は仕事して子供の世話して家事もしているのにどういうこと?と不満に感じたので義母に電話しました。

もう放っておいていいよと言われしましたが、それだけ?と思いびっくりしました。

さらにその後に、旦那のお兄さんの話を出してきてもっと厄介だけど奥さんは放っていて特に打ち合っていないよ、うまく掌の上で扱いなさいと‥義理の姉さんは学校卒業してすぐ結婚していて仕事もしていないし子供ももう大きいのに状況が違うじゃんと思い逆にイライラしました。

ももこ

私も義母に旦那のことで悩んでいたことを相談した時、時間の無駄だったなと思いました。

義母の思うようにならずに吐き捨てるように言われた

ぶどうちゃん

30代後半専業主婦の方です。

義母は思ったことを考えもせず口に出して言う人で、その言葉でこれまで何度も傷つくことがありました。

一番言われて嫌で、さらに嫌いになったきっかけは、義母が初めて我が子と対面するときでした。

当時の我が子は、超がつくほど人見知りが激しく、誰に対しても初めての人はギャン泣きするほどで、私自身も対応に頭を悩ませていました。

おそらく義母にも泣くだろうと思い、事前に「人見知りが激しい時期で、泣くと思いますがすみません。」と、一言伝えておきました。

その時の義母は「子供は泣くもんだから全然大丈夫よ。」なんて言ってたのに、いざ対面してギャン泣きされたのがよっぽど嫌だったのか眉間にしわをよせて「こんなに泣くのはママとずっと一緒にいるからよ!」と吐き捨てるように言われてとてもショックでした。

その日から義母のことが嫌いになりました。

ももこ

私もその場面にいたら嫌いになりますね。

義母がこだわりを押し付けてくる

ぶどうちゃん

40代会社員の方です。

子育てに対する教育や躾などに対して、細かいことを指摘してくることと、方角に関して風水にこだわりがあり、置くものや子供の部屋においても細かい指導があります。

細かい部分についてですが、食事をしている時に必ず野菜から食べさせなさい。

ご飯も一汁三菜を基本としたメニューを指摘します。

子供が食事に集中しないときは親がきちんと見てあげていないからこうなったなど言ってくるので、自宅に遊びにくるとかなりのストレスを感じます。

1番のストレスは風水を取り入れた空間調整です。

置くものから指摘され、南側にはこれを置きなさい。

これは流れが悪くなるので処分しなさい。子供部屋はこっちの方角がいいからこの部屋にしなさい。

など細かく指摘をしますし、ひどい時には盛り塩もしていきます。

本当に勘弁してください。と言いたいです。

ももこ

盛り塩をしていくのは凄すぎますね。

嫁に嫌われる姑のランキングの子育て中のまとめ

嫁に嫌われるお姑さんは自分の立場をわかっていません。

子育ても今と昔では違います。

出しゃばらず適度な距離を取ることが必要です。

ももこ

母親の役目を奪わないであげてほしいです。

ぶどうちゃん

自分が姑にされて嫌だったことを思い出してほしいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

🍀気分転換に本を読んだり、子育ての知識を深めたいひとにおすすめ🍀

>>>AmazonのKindleUnlimitedとは?料金や読める本のおすすめをご紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次