年長で時計が読めない?子供が小学校の入学前に時間をわかってほしい!保育園でやっていることをマネして家でも用意してみたよ!

    ももこ

    入学前に時計をわかるようになってほしいな

    ぶどうちゃん

    時計が読めれば休み時間とか給食の時間の目安がわかるもんね。

    うちの長女はもうすぐ小学校1年生になります。

    この時期になると「入学前にできるようにしたい〇項目」という記事がよく目につきます。

    その中でいつも出てくるのは「時計が読めること」です。

    自宅でプリントをしていて「〇時」といった時刻と「〇時半」といった時刻は理解しているようです。

    でも長針の読み方はわかっていないようです。

    今回、短針だけでなく長針の読み方も知っていた方がいいと思ったので自宅でも保育園のマネをしたので紹介させていただきます。

    ももこ

    短針はわかるけど長針はわからない人は参考にしてみてください。

    目次

    年長で時計が読めない?みんなはよめるの?

    小学校までにできるようになっていたらよいことという記事や冊子を見ると「時計がよめること」と書かれています。

    うちの子のレベルは「〇時」と「〇時半」がわかっているレベルです。

    同じ年長さんの子供のいるママ友に聞いてみるとすでに長針も分刻みで理解している子とうちの子の同じような理解度の子がいました。

    ももこ

    小学校でも時計は教えてもらえるから、長針読めなくてもいいよね。

    ぶどうちゃん

    でも長針もわかっていた方が休み時間もわかるし、いいと思うよ。

    入学前までに時計を理解できるようにしたい

    小学校に入学したら決まった時間に勉強して給食を食べるといった生活になります。

    保育園ではある程度の時間が決まっていて、のびのびと過ごさせてもらっていました。

    でもこれらは時間割りにそって勉強も始まります。

    そんな時に休み時間はあと何分で終わる、この授業はあと何分まで続くといった目安があった方が本人も頑張れるだろうなと思いました。

    短針だけでなく、長針も読めるようになった方が小学校生活も楽しくなるはず。

    ももこ

    私は2時間目が終わって休み時間になる10時20分になるのが恋しかったな

    保育園での時計の取り組みのご紹介

    上の子の通っている保育園では時計に工夫がしてあります。

    年少の教室の時計には文字盤の横に絵が貼られていました。

    これなら数字がわからなくても「人参のところになったらお片付けするよ~」って言えばわかりますよね。

    つい最近、年長の教室に入ったら、さらに進化していてビックリしました。

    長針が読めるように黄色の紙で「5,10,15,20・・・・」と追加されていました。

    先生も「人参の10分のところになったら、お外に行くよ~」と長針の勉強になる言い方もしていました。

    ぶどうちゃん

    長針がわからない子には分かりやすいし、見やすいしいいね

    ももこ

    だから家でも同じようなのを用意したんだよ

    子供が時計が読めるように家の時計も工夫しました

    もともと小学校にあるような時計だと見やすいかなと思い、購入していた時計を保育園の時計のように改造しました。

    白の画用紙を丸く切って、上の子に絵を描いてもらいました。

    この絵は時計の数字が読める上の子には必要ないかもと思いました。

    でも長針を勉強させるときに「数字の2が10分だよ」と言うより「人参が10分だよ」と言った方が分かりやすいと思ったので絵は必要だと思います。

    ちなみに絵は次のようにしました。

    保育園の絵は数字が連想しやすいものにされていたので、それを見本にしました。

    でも3の三輪車の絵は書けないと言うので「サンマ」にしました。

    • 1→いちご
    • 2→人参
    • 3→サンマ
    • 4→新幹線
    • 5→ゴリラ
    • 6→ロケット
    • 7→長靴
    • 8→ハチ
    • 9→クジラ
    • 10→ジュース
    • 11→パトカー

    遠くからでも見やすいようにクレヨンや色鉛筆ではなく、サインペンで書いてもらったら

    長女

    いつも女の子しか描かないから上手に描けなかった

    確かに普段使わないサインペンでゴリラや新幹線やら描いてもらったのでうまく描けていませんがニュアンスでご理解ください。

    子供が時計を読めるように工夫をした結果

    子供が時計を読めるように工夫をした結果、次の日には効果がありました。

    上手に描けなかったと言いつつも、自分で絵と数字も描いて張り付けたので、お気に入りなので時計をよく見てくれるようになりました。

    朝ごはんを食べている時に時計を見て

    長女

    もう25分だから早く食べないと

    と普段だったら言わないセリフも言いました。

    ももこ

    長針が読めてる!

    試してみる価値はあると思います。

    これでしばらく続けてみます。

    子供が時計を読めるようになるための時計について注意点

    保育園の時計を見本にして今回家の時計を改造してみました。

    下の子が今3歳児で数字はまだ読めないので、そのことも踏まえて思ったことをまとめました。

    この時計を作るにはお子さんの理解度によって変わってくると思います。

    いきなり長針の数字も載せると混乱する可能性があるからです。

    時計を工夫する手順

    数字がわからない→時計の周りに絵だけ12個貼る

    数字がわかる→短針が読めるようになる、〇時がわかようになる、〇時半がわかるようになる

    短針がわからない→短針の数字を絵に貼る

    下の子が時計を見て混乱しないように短針の数字が目立たないように青色にしました。

    上の子が時計を読めるようになったら、短針の数字を外すかどうか考えます。

    まとめ

    小学校の入学前に時計が読めるようになってほしいと思っている親御さんは私の他にもいるのではないでしょうか。

    最初とけいの問題だけが書かれているプリントを購入しようと思いましたが、本人にやる気がなさそうだったのやめました。

    そのタイミングで保育園で時計を見かけて、その方法を家でも取り入れました。

    小学校までの間に積極的に時計を見させて時間間隔をわかってもらえたらいいなと思います。

    ももこ

    毎日の声掛けできっとわかるようになるはず

    ぶどうちゃん

    本人も自分で描いたり貼ったりしたら愛着わくしね。

    最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

    ももこ

    またお会いしましょう。

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる