おもちゃのサブスクChaChaChaなら初回無料でお試しOK

3歳になる前の断乳で後悔した?1カ月以上前から行った断乳の仕方と体験談をこのブログで記録しました

ももこ

コロナのワクチンを打つし、断乳しようかな

ぶどうちゃん

もう3歳なのにまだ続けてたなんて頑張ったね

コロナのワクチンを打つ時に気になったのは2歳10か月の下の子の授乳についてです。

上の子は1歳2カ月で私が肺炎になり(2016年の話)入院したので強制的に断乳になり私自身も心構えができないままでした。

それもあったせいか、もう3人目を考えていないので、「おっぱいはもういらない」と言うまで好きなだけあげようと思って卒乳を目指していました。

ももこ

私自身もこれで最後と思うと寂しいし、いつかやめればいいかなと軽く思ってしまって

そんな時にコロナのワクチンを医療従事者として一般の方よりも早く打てることが決まりました。

でも授乳中の情報が少ないのが気がかりでした。

もし、下の子がもっと母乳が必要な月齢だったら、小児科医と産科医の何人かの意見を聞きに相談に行っていたと思います。

でもうちの下の子はもうすぐ3歳だし背も高く、ムチムチで体の発達には母乳はもう必要ありません。

それでも下手すれば蛇口と勘違いしているかのように頻繁に飲みに来ることもありました。

ぶどうちゃん

可愛いけど大変だ

なので断乳のいいタイミングになるし、コロナワクチンを打つと同時に断乳をすることにしました。

今回の記事はワクチンを打つことでタイミングもよいので断乳しようかなという人の参考になればいいと思います。

参考にしてもらいたい人
  • 子供がすっかり大きくなった
  • 母乳はもう必要ない
  • ワクチンを打ちたいから断乳したい

こんなママさんがいたら参考になると思います。

あんなにおっぱいが大好きだったはずなのに、あっさりお別れができて驚きました。

目次

2歳10か月での断乳に成功して振り返って思うこと

1歳前後の子の断乳の話はよく聞きます。

しかし3歳前での断乳は周りでも話を聞きません。

断乳前は夜は何回か起きるし、上の子と何かしようとしても「おっぱい」と寄ってきて行動が制限されることもありました。

それが断乳が成功した今は「自分自身が解放された」になった気がします。

夜は起きないし、泣かないのは本当に助かります。

ももこ

私の自由な時間が増えた

ただし、最近になって次女は指の爪を噛むようになりました。

保育園が大好きだったのに行きたくないと言うことが増えたことも原因かもしれませんが、おっぱいが飲めなくなったことも関係している気がします。

上の子も爪をかむ時期が一時的にあったので長い目でみてあげたいと思います。

ももこ

コロナが流行しているので手の消毒は頻繁にしなきゃですね。

1カ月以上前から前もって行った断乳の仕方6つのポイント 

断乳をするにあたって、経験者のブログをいくつか読んでおくとよいと思います。

私は軽く2~3人分を読んで流れを把握しました。

断乳をするまでに前もってしておくべきことをお伝えします。

実際にやったこと
  1. 断乳日を決めて実行日に〇をつける
  2. 過ぎた日はカレンダーの日付に✖をつけていく
  3. 保育園の先生に伝える
  4. パパと寝れるようにしておく
  5. 本人が夢中になれるものを見つけておく
  6. 胸に描く顔の絵を何にするか決めておく

①断乳日を決めてカレンダーの日付に〇をつけておく

ワクチンを接種する前にはすでに断乳を成功していた状況の方がいいのか悩みました。

でもパイパイを欲しがって泣くであろう次女に根負けしてしまう自分が想像できるのでギリギリの状況を選択しました。

なので私は最後に授乳するのはコロナワクチンを打つ日の朝までと決めました。

私が実際に打ったは医療従事者の枠でなのでワクチンの申し込み方は一般とは異なります。

勤めている薬局に日程の知らせがきたのはワクチンを打つ約1か月前でした。

高齢者の父の場合を例にすると予約の電話をした次の週には予約が取れていました。

ぶどうちゃん

いきなり来週打てることが決まったら心の準備が母親も子供もできないね

なのでニュースで一般の接種が始まりそうな気配があったら断乳する日を意識しておくことをオススメします。

私が接種したのは5月21日だったのでカレンダーにはその日に〇をつけて4月から「もうすぐおっぱいは終わりだからね」と言い聞かせていました。

②過ぎた日はカレンダーの日付に✖をつける

ワクチンを接種する5月になったら毎日下の子を抱っこして寝る前にその日の日付に✖をしました。

私は適当なので2日分とか3日分とかまとめて✖を付けたこともあります。

なので効き目があったかはわかりません。

私が忘れていると上の子が「ママ、忘れているよ」と教えてくれました。

下の子にもワクチン接種日の21日になったらパイパイが飲めなくなるからねと伝えても

次女

やだよ~

と言うし、うまくいくか心配でした。

でもひたすら✖をつけました。

③保育園の先生に情緒不安定になるかもしれないと前もって伝える

断乳をすることで子供自身の情緒が不安定になると思ったので保育園の先生にも伝えておきました。

「まだ飲んでたんですか」とビックリされましたが、飲んでたんです。

上の子は繊細さんなので下の子にかまって不安定になるかもしれないとも伝えておきました。

④パパと寝れるようにしておく

下の子は私と一緒じゃなきゃ寝れませんでした。

でも私が体調が悪い時に旦那と上の子だけで初めて一緒に寝てもらった時に寝れたんです。

もちろん「ママ、ママ~」言ってましたが諦めて寝たようです。

それからは私も夜にブログを書きたくて、旦那と1日おきに交代で寝るようになりました。

そのおかげで夜中におっぱいが欲しくて夜に泣き叫ぶということはありませんでした。

というのも断乳してからは私は旦那の部屋で一人で優雅に寝ています。

寝ぼけながら授乳をしてしまいそうで怖いので。

なので断乳前から旦那さんだけで夜寝てもらえるようにしておくと楽だと思います。

⑤夢中になれるものを見つけておく

おっぱいの代わりに何か夢中になれるものを見つけておくと良いと思います。

うちの場合はトイレトレです。

他の家庭では親の方がトイレトレをやろうとすると思いますが、うちの場合は私にやる気がありませんでした。

下の子は冬の時点でアンパンマンの補助便座を見つけてやりたがりました。

でもアンパンマンで遊んでトイレから出てこない姿が想像できて風邪をひきそうで乗り気になれませんでした。

春を過ぎてトイレトレのことも忘れていたある日、保育園の先生から「日中、保育園で全く失敗しない」という話がありました。

尿検査も近かったのでそろそろやるかと重い腰をあげました。

それが断乳決行日の2日前です。

ぶどうちゃん

えっ2日前(笑)

初めて乗るアンパンマンの補助便座が大好き過ぎて、常にトイレに行きたがり、ボタンを押してアンパンマンの曲を聞いてすっかり夢中になってくれました。

ももこ

おっぱいの代わりに夢中になれるものがあって良かった

おかげで下の子はなかなか寝れないと旦那からお茶をもらい、トイレに行くというパターンを何回も繰り返していました。

アンパンマンンの曲が何度もトイレから聞こえてきました(笑)

⑥胸に描く顔の絵を何にするか決めておく

断乳日に子供が胸を見た時に備えて胸に顔を書いておくとよいと言われています。

私は具体的にどんな顔にしようとは考えてはいませんでした。

私の場合は「ママが注射したら、おっぱいが痛くなっちゃったからもうあげられない」というストーリ―を考えていました。

なのでシクシク泣いている顔と痛い顔(>_<)を油性マジックで書きました。

乳首には絆創膏をはって対応しました。

それを見た下の子はビックリしてしまい、1回見たら「もう見ない」と言い出しました。

顔の種類

へのへのもへじの顔

ニコニコ笑っている顔

アンパンマンの顔

ショックを与えてしまったかもと思い、他の人がどんな顔を書いているのかをその時になって調べてみました。

みなさん、いろいろ考えて実行されていました。

もっとみんなと同じような顔を描けばよかったと思いましたが、注射を打っておっぱい痛いからあげられないというストーリーで笑っていたらなんか変だし・・・・。

私はその描いた顔で成功しましたが、どんな顔を描くかあらかじめ考えておくといいと思います。

ももこ

心に傷を負わせてしまったかもと思ってビックリしたよ

ぶどうちゃん

まあうまくいってよかったね

実際に断乳を行った体験談

それでは実際に断乳をした流れを前日からみていきたいと思います。

私が想像していた以上にうまくいったと思います。

それは旦那に夜まかせることができたからだと思います。

世の中のパパさん達、頑張ってください。

断乳を決行する前日は好きなだけおっぱいを飲ませた

前日は「明日、ママが注射したらパイパイが痛くなって飲めなくなるからたくさん飲みなね」と言って飲ませました。

私にとっても朝は忙しいし、前日のうちに動画や写真をたくさん記念に撮りました。

ももこ

寂しいよ

断乳をする当日の朝も飲んだ

当日の朝も時間の許す限り飲ませました。

「保育園から帰ったらもう飲めないからね」と言ったら、飲み終えて満足した下の子が手を振りながら

次女

おっぱい、ばいばいば~い

ももこ

目に熱いものがこみあげてきました

おっぱいを見せないように帰宅後の風呂は旦那に任せる

その日の帰宅後のお風呂はテレワークだった旦那に任せました。

私はその間に乳首にバンドエイドを貼り、胸に絵を描きました。

私は注射をするからおっぱいが痛くなって授乳ができない話をしていました。

ももこ

ビックリした顔と泣いた顔を油性マジックで可愛く描きました

おっぱいを見てびっくりする

下の子がおっぱいが飲めなくて泣き始めて、抱っこしてたら、胸を見てきました。

でも私が描いた絵をみたらまた泣いて・・・。

でももう1回見ようとしないんです。

私は「かわいい~」と言われると笑ってくれるかと想像していましたが、違いました。

次女

もう見ないの~

よっぽど胸に顔がついていたのがショックだったんだろうなと思いました。

もっとニコニコ絵の方がよかったのかなと私も思いました。

おっぱいの代わりに抱っことおんぶをひたすら要求される

パパではなく、とにかく私に要求してきました。

いつもお願いしてこないおんぶをお願いしてきたので、おっぱいが痛いという話をしたからなのかなと思いました。

ぶどうちゃん

小さいなりに気づかってくれて健気だわ

ワクチンを注射した場所を確認してくる

どこに注射をしたのかをしつこく聞いてきました。

私は注射の後のばんそうこをはがし忘れていたので、それが良かったかもしれません。

次女

ママ、注射痛かった?ここ

と何度も何度も聞いてきました。

パパと寝る

パパと上の子だけで寝るのは少し前から練習していました。

もともとパパとだとなかなか寝れません。

でもその日はあまりにも寝れなかったようです。

次女

寝れないの~

と言われてお茶3回、おむつ1回変えて、トイレにも1回一緒に行ったらしく旦那はお疲れ気味。

すでに私がいなくて寝れるようにしてあるし、頑張れと私は心の中で応援。

断乳2日目の次女の様子

朝、お越しに来て、私の洋服をひっぱりパイパイを飲みたそうな様子がありました。

でも「おっぱいを守ってるの」と言い、服を離して飲みたがることもありませんでした。

おっぱいが痛いと言ったのを覚えているんでしょうか。

朝食もいつもより沢山食べてくれました。

お風呂は公園帰りの車で次女が寝たので旦那に任せて私と長女でお風呂に入りました。

夕食後に「おっぱいが見たい」と久しぶりに言うのでお顔を見せたら油性マジックで描いた絵が薄くなっていました。

長女

マジックで描いたのが薄くなっちゃったね~

ももこ

長女よ、現実的な事を言わないでおくれ

注射をしたからおっぱいが痛くなっちゃったんだよと改めて説明してその場はなんとかなりました。

その後も私の膝の上に乗りだがったり、甘えてくるのでできるだけ甘えさせてあげました。

胸の張りはあり、痛みもありましたが、1人目の時よりもはるかに楽でした。

断乳3日目の次女の様子

日中はあんなに大好きだったおっぱいという言葉も言うことはありません。

食事の時は途中で私の所に必要以上来て膝に座って食べたがったりすることがありました。

お風呂は旦那が仕事でいなかったのでキャミを着たまま入りました。

次女は顔のついたおっぱいを見たがらなかったから見せない方がいいかなと判断しました。

ももこ

おかげで体を洗った気がしないわ

旦那の話によると夜中もお茶は1回だけ欲しがり、トイレも1回行ったけど、早めに寝たそうです。

断乳4日目の次女の様子

保育園でも特に変わった様子はないと先生が教えてくれました。

次女が近づいてきた時に私の方が「パイパイ飲む?」と聞きそうになり焦りました。

長年の癖はなかなか抜けないものです。

ご飯も断乳後の方が食べるようになりました。

トイレでのおしっこに相変わらず夢中です。

断乳5日目の次女の様子

服の上からおっぱいを触りたがったりする素振りがありました。

それでもおっぱいに興味はあるけど見たがりません。

次女

もうお姉ちゃんなの

まるで次女自身に言い聞かせているみたいでした。

おっぱいを飲めない分、抱っこを求めてきますが体が大きいから重い・・・。

追記 断乳3週間後の次女の様子

断乳してから3週間後に思い切って何も身に着けずに次女とお風呂に入りました。

その時はすでにマジックで書いた顔も消えていました。

それを見た次女から言われたのが

次女

もうおっぱい泣いてないね。痛くないの?もう飲める?

ももこ

えっまだ飲めると思っていたの

改めてもう一度「まだおっぱい痛いから、もう飲めないんだよ」と言ったら大号泣しました。

私はもう今さら飲みたいと言われると思っていなかったので、まだ洋服で隠したままお風呂に入るべきだったと後悔しました。

でもその時に大泣きして以降は「もうおっぱいが飲めるか?」とは聞いてきません。

ももこ

いつか飲めると期待していたのかと思うと涙が出そう

断乳後の胸の様子

1人目の時と2人目のときでは全く違いました。

1人目の時は母乳が大量生産されている時に入院先で断乳して、カチコチになり肺炎より乳腺炎の心配をされました。

1~2日目は寝返りをうつのも痛いし、あまり絞らないようにして3日目に産科から助産師さんが来てケアしてくれて、退院後に助産院に行って絞ってもらいました。

今回は母乳がでているかどうかもわからない時期に行ったので痛みも1人目の時に比べると無いに等しかったです。

もっと早くから調べればよかったのに断乳の前日に何か記念になるものはないか探してみました。

そこで母乳がジュエリーになることをインスタで知ったんです。

当日の朝、子供に最後の授乳をしてから、ワクチンを打ちまでの昼までに母乳を絞っても15mlしか取れませんでした。

搾乳機を使っても無理でした。

ももこ

私、もう母乳出てないじゃん

ワクチンを打ちに行って職場の人と話をしてても頭の中で「母乳が足らない」と考えてました。

私も今さらになってジュエリーを作りたくて母乳がほしいと絞っていたという悪循環。

しぼれば絞るほど母乳は生成されるので、もっと母乳が出ている時にジュエリーを作った方がよかったかもと後悔しました。

それでも1日目の夜までになんとか30mlの母乳がとれました。

2日目は起きた時は胸の張りは気にならない程度でしたが日中は張ってきました。

夕方は押すだけでしたたり落ちる状態になり、母乳は昨日と合わせて50ml確保しました。

ももこ

断乳のつもりが母乳を貯めることに楽しさを感じてました

3日目もまだ張りがあり、押しただけで母乳が確保できました。

それでも1人目の時のあの痛みもアイスノンも全く必要なかったので楽しく母乳を集めることができました。

本来は助産院に行って乳腺がつまったり、しこりにならないように助産師さんに断乳の処置をしてもらうべきなんだと思います。

でも今回はもうほとんど母乳が出ません。

なので細々と母乳ジュエリーのための母乳を貯めていくことにしました。

ももこ

おかげでけっこうたまったので第一弾をさっそくお願いしてます

奥さんが断乳中の時に旦那さんにお願いしたこと

今回の断乳は前もって計画しておいたこと、旦那の助けもあったので、子供が泣くのを最小限にできて、かなり楽できたと思います。

母親は子供が産まれてから夜中もゆっくり寝ていられません。

こんな時こそ、奥さんの助けになってくれると旦那さんはありがたいです。

うちの場合は、新生児の時から旦那はすぐに寝るし赤ちゃんが泣いても起きませんでした。

私が叩き起こしてようやく起きる程度です。

長女の夢遊病が始まってからは隣の部屋で優雅に旦那1人で寝るようになりました。

だからこそ思うんです。

ももこ

今、助けてくれなければ次はもうないぞって

旦那もそれを自覚しているから今回は協力的でした。

世の中の旦那さんも奥さんのために断乳で活躍してください。

でも子供達はパパは寝ちゃうとなかなか起きてくれないしお茶くれないし、ママがいなくて寂しいと言ってきました。

なので旦那さん達はサービス精神を高めでお願いします。

まとめ

断乳してから1週間たちますが、いまだにおっぱいが出るので夜は旦那に子供達と一緒に寝てもらっています。

私だと寝ぼけながら授乳している気がするからです。

1人で寝るってこんなに楽なんですね。

いつも私が寝ている間に下の子が漬物石のように乗っかってきます。

おかげで朝起きても体中が痛いんです。

寝た気がしない・・・。

今の悩みはいつからキャミなしでお風呂に入るかといつから一緒に夜寝るかです。

胸に顔を描くのもいつになったらやめていいのかも悩み中です。

断乳をすることをとても寂しくてなかなか踏み出せずにいましたが、インスタでたまたま知った母乳ジュエリーのおかげで前向きになれました。

子供達と自分をつなぐ記念になるものを知り、ワクワクしながら母乳をしぼりました。

出来上がるのは10週間後らしいので当分先にになりそうです。

届いたら、それについても記事を書きたいと思います。

ホームページを見てたら他にも欲しくなったので、毎日地道に母乳を保存してます。

ぶどうちゃん

出してたら母乳止まんないじゃん(笑)

ももこ

さすがにそろそろ母乳出ないや

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ももこ

またお会いしましょう

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは。5歳と2歳の姉妹を育てているアラフォーママです。
このブログでは子育てを楽しみつつ、義母と旦那の悩みをぶちまけています。
「わかる~」と共感してくれる人が増えたらとっても嬉しいです。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる